特定非営利活動法人
ジャイフル-

〜教育、医療、福祉、地域の連携を目指す法人です〜

これからの教育、インクルーシブ教育に関する勉強会

更新日:2013/10/30

今日は、インクルーシブ教育の勉強会について参加してきました。

 

まず今日1番勉強になったと思うことは、障害者差別解消法(2016年4月施行)の内容について教えていただいたこと。

 

そして2つ目に学校教育法施行令(22条の3)が改正されたこと。

 

差別解消法は、今年の6月に成立したばかりで内容はいまいちわからなかったのですが、今日の勉強会に参加して「不当な差別的扱い」とは何か?そのための、「合理的配慮」とは?

 

事業者は努力義務ですから確認しておかなければと熟読していました。

 

そして、今後ガイドラインが示されるので、注意してみていかなくてはなりません。

 

2つめは、学校教育法施行令が今年9月に改正されたこと・・・それは就学先の決定の仕組みが変わったことです。

 

原則、分離別学(地域の学校への就学から除外され、特別支援学校の措置される仕組みになっていた)から①障害の状況②教育上の支援の内容③地域における教育体制の整備状況④本人・保護者の意向⑤専門家の意見を総合的に判断して決定する仕組みになりました。

 

教育における合理的配慮が今後、学校ではどう対応していくのか?

 

まずは、保護者や子どもの困り感といった意思表明をすることから出発だと感じました。